ラクトフェリンのダイエット効果

歯周病ケアにも!ラクトフェリンでのダイエットで歯にも好影響

○知っておこう!食生活の悪化は健康に悪く歯周病の原因にもなる

歯周病という言葉を聞いたことがあるでしょうか。歯周病は、食生活が乱れることや栄養が偏ってしまうことが本当の原因です。歯周病になると、糖尿病などにかかりやすいとも言われているのです。また、ビタミン、ミネラルそして食物繊維の摂取が足りないと、歯周病が治りにくいとも言われています。脂質の摂り過ぎに注意をして、野菜や小魚、海藻などを摂る様にしたところ、歯周病も治ったという例もあるのです。世界中を見渡しても、伝統的な食生活を送っている地域では、歯周病の方もあまりいません。伝統的な食生活をして噛むように心がけることで、歯周病にもならず体の健康も保たれるということがわかっているのです。肥満などが歯周病にも関わってくるということです。

○怖い!歯周病毒素が中性脂肪などを増やしていた!

歯周病の悪影響については、LPSという歯周病毒素が歯周病をどんどんと進めていってしまうだけに留まらず、血中コレステロールや中性脂肪を増やしていく原因となっていたことを、日本の会社であるライオンが発見しました。ということは、歯周病である方やお口の中の環境が良くない方は、生活習慣病になるリスクがあると言えます。

○ラクトフェリンで脂質異常の改善や予防が期待できる!

最近の研究では、歯周病毒素は脂質異常症というメタボリックシンドロームの一種になる因子にもなっていることが明らかにされています。ラクトフェリンは歯周病にも効果を発揮してくれるとも言われています。また、ラクトフェリンでダイエットができるのは、内臓脂肪やコレステロールを分解できることも一因です。そういったこともダイエットに繋がる一つのカギとなってくるのです。ラクトフェリンを摂取することによって、歯周病毒素やコレステロールが溜まっていくことで起こる脂質異常を改善に導いたり予防することができるのです。脂質が異常なく代謝されることによって、ダイエットが可能になることでしょう。